気管を広げて呼吸を楽に

ベネトリンの安全性

 

サルブタモールは世界中で使用されている薬剤で、日本国内でも気管支喘息治療薬「ベネトリン」として販売されています。
気管支平滑筋に作用しベータ2アドレナリン受容体を刺激することで作用を発現します。
気管支喘息のほか、近年話題のいわゆる「たばこ病」である慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療にもひろく用いられています。
1960年代から1970年代にかけて開発された歴史のある薬剤で安全性についての研究もよくすすんでいる薬剤の一つです。
同様に気管支喘息の治療薬として使用されるテオフィリンと比較して副作用がすくなく忍容性が高いことがしられています。
ただし大量吸入や静脈注射などの際には動機や低血圧といった副作用が生じることが知られています。
また骨格筋の強度を増強することが報告されており各種のスポーツ競技においてドーピング検査にて検査対象ともなっています。
主に喘息発作時に吸入剤や経口剤として使用されることが多いです。
吸入剤については、近年は医療用デバイスの開発技術も進歩しており小児でも簡単に使用することができます。
また製剤化技術の発展により長時間作用型の薬剤やより安全性についての向上がみられる商品も登場しています。

▼▼▼ベネトリンがまとめ買いで安い!▼▼▼
後払いOKの通販・医薬品個人輸入【アイドラッグマート】

  
Copyright © 「ベネトリン 吸入」の情報サイト. All Rights Reserved.